競艇予想選びにおいて重要な口コミと評価

競艇予想を当てるにはそれなりの経験と知識が必要

まずどんな知識を身に付けるかというと選手の情報です。

選手によってはいつも遅くゴールする人といつも速くゴールする人がいます。

選手の一人一人の性格を覚えて、行動やパターンを覚えます。

例えば競艇で走る前にスタートが遅い人がいます。

遅い人はいつもそこが弱みであり、元々速い人に比べて成功をするのに時間がかかります。

いつもの通りなら、いつも速くゴールする人、いつも速くも遅くもない人、いつも遅い人の順番でゴールします。

選手の行動や性格や名前を憶えていないと見抜けない仕組みになっています。

競艇のレースで走る選手は競艇に行ったときに貰える紙に書かれています。

1レースから順番に書いてあり、その中で覚えている人がいれば当たる確率も大きくなります。

それから注目選手がいます。

注目選手でも競艇に賭けている人から性格が読める人と読めない人もいます。

それはどうしてかというといつも速い人、いつも遅くスタートする人がいたとしてもこれは注目選手ではなく、ときどき速く走る人や今勝ち抜いている人が注目選手であり、いつも勝てている人が勝つと貰える金額も少ないですが、注目選手や意外な人が出ていると当たれば貰えるお金も大きくなります。

まず初心者の人は競艇のコツや選手を一人一人覚えていき、少しずつ賭けます。

慣れてくるとあまり多額な金額は失敗するときリスクが大きくなりますが、よく知っている人が競艇を覚えることで失敗するリスクもだんだん小さくなります。

競艇に行ったとしても全ての券を買わなければいけないということはありません。

1レースや2レースはやらなくても自信のあるレースに賭けながらリスクを減らしていく方法もあります。

自信のない券やレースを省くことで失敗しなくなり、帰る頃には少し儲けて帰ることが出来る確率が大きくなります。

競艇が競馬や競輪と違うのは、競馬は馬次第で本当に遅いとか速いなども違ってくるし、競馬や競輪の方がスタートだけではなく、競争をしているときでも速いと遅いの差が大きくあります。

競艇と競馬と競輪に共通することは選手を覚えることでどの選手が速いか予想することが出来るし、覚えていても損はありません。

もし今までのどれくらい速いか分からないところのデータはインターネットなどの検索で探すとしっかり出てくるし、テレビでもときどき競艇をやっているのでしっかり見ておくと損をしにくくなります。

後は賭けている選手が失敗しないように見守り、勝てるように祈るのが初心者でも上級者でも確率が高い方法になります。